HomeProfileHistory

京都薬品工業の前身は1901年(明治34年)創業の「京都製薬合資会社」といい、黒染用の媒染剤などの工業用薬品の製造販売会社でした。石鹸も製造していましたが、戦時中、油脂類の輸入が困難で、1946年に京都薬品工業を創業し、医薬品メーカーとして出発しました。以来70年間にわたって創薬を通じて社会に貢献・報恩しようと積み重ねてきた、京都薬品工業の歴史をご覧ください。

会社沿革

黎明期

1901年 京都製薬合資会社 田中督次郎により伏見区深草で創業
1917年 京都製薬合資会社を合資会社田中化学工業所に社名変更
現在の土地に移転、田中督憲が代表者に就任

創業期

1946年 資本金15万円にて設立
代表取締役に北尾誠二郎就任
止しゃ剤ダルテノン錠製造販売
1947年 鎮咳・去痰剤フストジルシロップ製造販売
1948年 稲畑産業(株)と取引開始
1949年 鎮咳・去痰剤フストジル注射液を発売
1951年 西日本薬品(株)(現:日邦薬品工業(株))と取引開始
1954年 止しゃ剤ダルテノン錠を西日本薬品(株)より発売

成長期

1958年 資本金を600万円に増資
1959年 筋弛緩鎮痛剤ミオセダン錠を稲畑産業(株)より発売
1960年 化学研究棟完成
1963年 製剤工場(現:生物研究棟)完成
1965年 資本金を3,000万円に増資
1967年 本社社屋完成
1968年 日本製薬工業協会に加盟
虚血性心疾患治療剤バスタレルF錠を稲畑産業(株)より発売
1969年 資本金を7,500万円に増資
1970年 第一製剤工場、生物研究棟完成
1972年 田中化学工業所解散

変遷期

1975年 資本金を1億5,000万円に増資
GMP適合製剤工場の増設完成
1978年 東京事務所開設
1980年 日本初の夜間無人打錠を実施
1981年 資本金を1億8,000万円に増資
1984年 長田野工場第1製剤棟(坐剤棟)完成
1985年 高血圧治療剤ナトリックス錠を住友製薬(株)(現:大日本住友製薬(株))より発売

挑戦期

1987年 代表取締役社長に北尾和彦就任
1990年 鎮痛・消炎剤ボンフェナック坐剤をゼリア新薬工業(株)より発売
1993年 便秘治療剤新レシカルボン坐剤をゼリア新薬工業(株)より発売
1995年 コーポレートアイデンティティーを導入
新社章を制定
1996年 創業50周年記念式典開催
社史「京都薬品工業50年のあゆみ」発刊

飛躍期

1998年 京都ヘルスケア(株)設立(現:京都薬品ヘルスケア(株))EPA製剤エメラドールカプセルを協和発酵工業(株)(現 協和発酵キリン(株))より発売
2001年 新アペテート整腸薬を発売
2002年 L-システイン配合ビタミンC主薬製剤レーベルホワイトを山之内製薬(株)(現 アステラス製薬(株))より発売 ジギタリス製剤ジゴキシンKY錠0.25、ハーフジゴキシンKY錠0.125をトーアエイヨー(株)より発売
2003年 便秘薬コーラック坐薬タイプを大正製薬(株)より発売
2004年 長田野工場に第2製剤棟(固形製剤棟)完成
2006年 創剤研究棟完成
創業60周年記念「北尾誠二郎京都薬品工業創業の歴史」発刊
2010年 長田野工場に第3製剤棟(固形製剤棟)完成
2011年 長田野工場に自動倉庫棟完成
2013年 トランシーノ ホワイトCを第一三共ヘルスケア㈱より発売

2014年

長田野工場第1製剤棟竣工30周年
第2製剤棟竣工10周年記念式典開催
2015年 ジギタリス製剤ジゴキシン錠0.0625「KYO」をトーアエイヨー(株)より発売
2016年 創業70周年を迎える
2017年 伏見DDS研究所を開設
page top